シミ予防のための基本的な対策方法

・紫外線対策は怠らないようにしましょう

 

シミ予防をするには、何よりも紫外線対策が大切です。

 

シミの原因は紫外線によるものですから、紫外線による肌ダメージを防いであげなければ、どんなにシミ予防、シミ対策をしても、どんどんダメージが溜まってシミができやすくなってしまいます。シミの中には肌の奥に潜む予備軍もありますから、いずれシミが浮き上がってこないためにも、これ以上肌に紫外線を与えてはいけません。

 

SPFやPAの数値を確認し、あなたの行動にあったものを選びましょう。
特に紫外線を吸収できない肌はすぐに赤くはれ上がり、水ぶくれを起こします。

 

シミだけではなく、こうした肌のやけどから守るためにも、紫外線対策はしっかり行わなければなりません。参考までに、SPFとPAについて記載すると、SPFは、その数値によって、紫外線ダメージでできる赤い斑点ができる時間をどのくらい延ばせるか、というものです。

 

たとえばSPF30なら、30倍になります。PAは+で表現されます。
これは皮膚が黒くなる原因を防いでくれます。

 

皮膚が黒くなるのはメラニン色素によるものですから、シミ予防になります。

 

・十分な保湿をしましょう

 

保湿はどんなときも欠かせません。まず、シミの原因となる紫外線を浴びた肌は乾燥しています。砂漠、あるいは水を与えられず弱った花だと思ってください。

 

そこに水を与えると、砂はひび割れを修復しますし、花は回復していきます。

 

これと同じように、肌の奥まで浸透していく保湿美容液や化粧水を使うことで、肌の状態を回復し、バリア機能を高めることができます。感想した肌はバリア機能が低下していますから、肌のターンオーバーが狂い、色素沈着も起こりやすくなります。

 

本来、日焼けによって黒くなった肌は、時間とともに剥がれ落ちていきます。

 

しかしターンオーバーが乱れれば、そのまま肌に残り、色素沈着となってシミになってしまうのです。このような状態を防ぐためにも、保湿は十分しなければなりません。

 

・シミの仕組みと予防

 

シミができるのは、肌が紫外線を浴びると、細胞内にメラニン色素が発生し、紫外線ダメージを防ごうとすること、さらに肌のターンオーバーの乱れによって、古い角質がそのまま肌に残り、定着し、色素沈着を起こしてしまうことが原因です。

 

シミは一度できると中々消えません。シミを作らないためにも、シミに効果的な成分を含む美容液などを使用し、普段からシミ対策を行うことが大切です。食生活や生活習慣の改善などで肌のターンオーバーを正常化し、化粧品を併用してシミ予防を行いましょう。