保湿を十分にして、シミを作らない!

・紫外線を浴びた肌は乾燥しています

 

紫外線は日焼けを起こします。これは誰もが知っていることだと思いますが、日焼けとは肌がやけどした状態です。このやけど状態から肌を守るために、肌の内部でメラニン色素が作られ、肌は守られます。

 

ところがこの状態をほうっておくと、メラニンはやがて色素沈着し、シミとなってしまいます。
そうすると肌トラブルが顔を覗かせてくるのです。

 

紫外線を受けた肌は乾燥している状態ですから保湿が必要です。
乾燥した肌はバリア機能を失い、外部刺激に弱くなっています。

 

外部刺激に弱いと言うことは、紫外線をより一層浴びると、メラニン色素はどんどん作られていきますから、シミを増殖させることになります。

 

この事態を防ぐためには、乾燥した肌を潤してあげることが大切です。

 

砂漠に水を与えるように、乾いたスポンジに水を含ませるように、保湿成分の入った化粧品を肌に与えることは、乾燥から肌を守り、その結果、紫外線ダメージやシミを予防することになるのです。

 

・保湿は肌トラブルを防ぎます

 

保湿は肌を乾燥から守り、紫外線ダメージを軽減するだけではありません。
乾燥肌はシミ以外にも、ニキビやくすみなど、あらゆる肌トラブルの原因となります。

 

保湿することがどれだけ大切なことか、喉が渇いたら水分補給することを考えれば分かるでしょう。喉が渇いた状態をほうっておくと、やがてのどが痛み出し、風邪を引くなど支障が出ます。

 

同様に、肌が乾いた状態をほうっておくと、細胞が痛み出し、紫外線によって生まれた活性酸素によって蝕まれていき老化が進みます。
老化が進めばやがてシミ、シワ、くすみ、ニキビなどへと発展していくのです。シワの原因が乾燥と言われているように、あらゆる肌トラブルの原因は乾燥によるものなのです。

 

・保湿化粧品はしっかり選びましょう

 

肌を乾燥から守るために、保湿化粧品を購入する方も多いでしょう。
ですが、保湿化粧品の選び方を間違えてしまうと、せっかくの保湿効果も半減してしまいます。

 

保湿化粧品を選ぶときは、天然由来成分などとかかれたものを使用し、パラベンなどを使っていない、無添加のものを選びましょう。

 

天然野ものから取れた保湿成分は肌に対して優しく、副作用を起こしません。化学合成物質はかえって肌を傷め、乾燥を進めるだけですから、本気で乾燥対策をしたい方は、無添加のものを選びましょう。口コミサイトなどを見ると、あなたの肌質、年齢に合った化粧品の情報を得ることができますので、参考にしてみてください。