ビタミンC誘導体の効果と副作用

・ビタミンC誘導体とは

 

よく美白について説明しているサイトを見ると、ビタミンC誘導体が配合されているものを選んでください、と言う言葉を見かけます。ビタミンC誘導体とは何なのか、ビタミンCとどう違うのか、疑問に思ったことがある方も多いでしょう。

 

ビタミンCは活性酸素を排出し、色素沈着してシミを作るのを防いでくれます。

 

さらにメラニン色素ができるのを抑えてくれますので、肌を美しく、白く保つために必要な美白成分です。ところが、ビタミンC自体は非常に弱い成分で、酸化しやすいです。

 

酸化したビタミンCは肌にいい影響をもたらしませんし、まったく浸透していきません。
このようなビタミンCのデメリットをメリットに変えたのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体はほとんどの美白化粧品に使われており、ビタミンCを酸化させることなく角質の奥まで届けます。さらに肌に吸収されてから、酵素反応を行い、メラニン色素の近くでビタミンCへと変わっていき、その状態が長く続きます。厚生労働省からも美白成分としての認可を受けており、様々な美白化粧品に使われているのです。

 

・ビタミンC誘導体の効果

 

ビタミンC誘導体は化粧水だけではなく、美容液などにも使われています。

 

メラニン生成の抑止、新陳代謝の活性化といった働きから、ニキビを快方に向かわせ、色素沈着を抑えてくれるのです。さらに皮脂の分泌が抑えられますから、スキンケア効果は高く、しかも即効性があります。

 

ビタミンC誘導体は水溶性と脂溶性に分かれていますが、これらは効果、目的に合わせて使い分けられています。ローションタイプの場合は、一般的に水溶性のビタミンC誘導体が、ジェルやクリームタイプには脂溶性のビタミンC誘導体が使われています。

 

・ビタミンC誘導体の副作用は?

 

ビタミンC誘導体には皮脂の分泌を抑える役割がありますので、乾燥肌、敏感肌の人は乾燥の状態が進んでしまうことがあります。

 

また刺激となって肌荒れがひどくなることもあります。
ただし、基本的にビタミンC誘導体は副作用がありません。

 

肌の中にある酵素に反応することで、ビタミンC誘導体はビタミンCへと変わります。
そのために、長い間様々な研究が行われ、改良を進められてきた成分です。

 

ですから副作用はなく、安全性が認められているのです。

 

また敏感肌、乾燥肌の人向けのビタミンC誘導体配合化粧品も多くありますので、敏感肌、乾燥肌だからビタミンC誘導体は使えないということはありません。