トレチノインとハイドロキノン治療をやめたらシミが濃くなる?

シミの治療には、ハイドロキノンとトレチノインの併用が効果的というのはかなり知られるようになっています。治療をする場合は皮膚科で行いますが、ある程度の期間治療を続けたら、一旦肌を休ませるために休息する時間が必要になります。

 

大まかな目安ですが、3ヶ月間治療したら1ヶ月間休む、これを何度か繰り返すとシミのほとんどは目立たなくなるか消えていきます。

 

・トレチノインとハイドロキノン治療の効果

 

シミに対して効果があるトレチノインとハイドロキノンは、今あるシミへの対策とこれからできるだろうシミの予防効果もあります。トレチノインは今あるシミを肌のターンオーバーを少し早め、肌表面にシミを押し上げ排出させる作用があります。

 

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニンを生成しないようにブロックする作用があります。これは今あるシミをこれ以上濃くしないようにする作用と、これからできるかもしれないシミの予防にもつながります。

 

トレチノインはシミの元になる色素沈着を上に押し上げ排出させるので、肌表面に浮き上がった時シミが濃くなったように感じることもあります。これは一時的な事ですし、治療を続けることで排出されていくので、一旦濃くなっても次第に薄くなっていきます。

 

・トレチノインとハイドロキノン治療をやめたらシミが濃くなる?

 

治療が完了するまでにかかる時間は個人差もありますが、ある程度シミが消えほとんど目立たなくなったら治療は終わります。しかしその後もしばらくの間はメンテナンスも兼ねて、皮膚科に通う必要があります。

 

シミの治療を終えてシミが気にならなくなっても、紫外線を浴び、ストレスが強ければまたシミができる可能性もあります。このためシミの治療を終えて、シミが気にならなくなってもその後も紫外線対策は重要です。

 

再びシミが出来た時、今までなかったところにポツンとシミができるので、濃くなった?と感じる事がありますが、できたばかりのシミは色素も薄いので突然濃いシミができるわけではありません。

 

もしもシミができどんどん濃くなっていくようなら、老人性色素斑の可能性があります。

 

その名の通り年齢を重ねた人にできるシミですが、長年蓄積された紫外線の影響が徐々にではじめるものです。あまりりにも濃くなった老人性色素斑にはハイドロキノンやトレチノインでも消すのは難しくなります。

 

また、時間が経過すると色も濃くなり厚みも出てきます。こうなるとレーザー治療でしか対処できません。シミの治療後は紫外線対策を行うことが大切です。