トレチノインとハイドロキノンの治療期間

シミの治療には、トレチノインとハイドロキノンの併用という方法もあります。一部のシミには効果がありませんが、ほとんどのシミに対応出来る事から皮膚科の治療にも使用されています。

 

・トレチノインとハイドロキノンの効果

 

シミの治療には、トレチノインとハイドロキノンを併用する事で効果がアップします。

 

ただしどちらも刺激が強いので、肌質やシミの状態を見ながら皮膚科医が最適な濃度を調節します。トレチノインとハイドロキノンはそれぞれ効果が違います。

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われるように、シミの原因となるメラニンの生成を抑える作用があります。これ以上シミを増やさないよう、シミを予防する効果も期待できます。

 

ただし今あるシミにはあまり効果がないので、この場合はトレチノインが役立ちます。
トレチノインは肌のターンオーバーを促進させるので、再生力を高めることができます。

 

シミとなっているのはメラニンが色素沈着した状態ですから、ターンオーバーを少し早めることでシミを押し上げ排出させることができます。これにより今あるシミも、徐々に薄く目立たなくなっていきます。

 

元々できたばかりの薄いシミの場合は完全に消えることもあります。

 

・トレチノインとハイドロキノンの治療期間

 

ただしやや刺激が強いものなので、長期間の継続使用ができません。
個人差もありますが、目安としては2ヶ月から3ヶ月を1クールとします。

 

ハイドロキノンもトレチノインも最初は刺激が強く肌が赤くなりヒリヒリする事があります。
しかし肌が慣れていくと刺激も感じなくなっていきます。

 

治療期間は個人差も大きいのですが、大体肌のターンオーバーに合わせて2ヶ月から3ヶ月ほどかかります。ただし1クールで完全にシミが消えるというわけではないので、様子を見ながら1ヶ月間肌を休め、再び2ヶ月から3ヶ月間の治療をすると言ったようにある程度繰り返していきます。

 

ハイドロキノンもトレチノインもシミ治療には高い効果が期待できますが、使用後の肌はとてもデリケートになるので紫外線対策はしっかりと行います。

 

もしも治療途中に日焼けをしてしまうような事があれば、シミは元に戻ってしまう事もあります。刺激が強い薬なので、紫外線による刺激が肌に大きな負担をなり、皮膚炎を起こす人もいます。

 

皮膚炎を起こすと一旦治療を中止しなければいけないので、全てリセット状態となります。
シミの治療をする場合は医師の指示に従い正しく治療を進めてください。