トレチノインがターンオーバーを促進する?

一般的にシミができると美白化粧品を使おうと思います。

 

しかし美白化粧品というのは、シミを予防するために使うものなので今あるシミにはあまり効果は期待できません。今あるシミはスキンケアも大切ですが、治療をするという考え方も出来ます。

 

・トレチノインがターンオーバーを促進する?

 

シミの種類によってはトレチノインが効かない場合もありますが、一般的なシミならほとんどトレチノインで対応できると言われています。

 

皮膚科でシミを治療する場合、トレチノイン単体での使用よりも、ハイドロキノンとの併用をする事で効果がアップするので、トレチノインとハイドロキノンの併用をするところが多くなっています。

 

トレチノインというのはビタミンA誘導体の事ですが、シミに対しても高い効果を発揮します。
トレチノインには、古くなった角質をはがし肌の再生を促すという作用があります。

 

肌が生まれ変わるサイクルをターンオーバーと言います。

 

ターンオーバーは新しい肌がゆっくり肌表面に上がってきて、古い角質を押し上げ排出させるものです。トレチノインを塗布する事で、肌のターンオーバーが活性化されその結果基礎代謝もアップしてシミを目立たなくしてくれます。

 

・トレチノインの効果

 

肌のターンオーバーサイクルは平均で28日周期と言われています。

 

しかしストレスや年齢などが原因で、ターンオーバーのサイクルが遅くなる事があります。
そうなると本来排出されるはずの古い角質や色素が、スムーズに排出されなくなります。

 

肌に残ったままなのでシミとなり、時間が経過するとさらに色素沈着を起こすのでシミがどんどん濃くなって行きます。ここにトレチノインを塗布する事で、ターンオーバーを約2週間に短縮できます。

 

ちょっと強引なところもありますが、これによりターンオーバーが促進されるので、古い角質はポロポロと剥がれてきます。少し刺激が強いので最初はヒリヒリし、肌が赤くなる事もありますが、これは正常な反応ですし、ターンオーバーが活性化された証拠です。

 

トレチノインには皮脂の分泌をコントロールし、肌内部のヒアルロン酸やコラーゲンの生成をサポートする作用もあります。つまり美肌作りに役立つ効果も含まれているのです。

 

ハイドロキノンにはシミの元になるメラニンの生成をブロックする作用があるので、トレチノインと併用するとシミへの効果とシミ予防のダブルの効果が得られます。