トラネキサム酸の効果と副作用

・トラネキサム酸の効果とは

 

トラネキサム酸の歴史は古く、以前から止血剤として医療現場で使われてきました。
安全性は非常に高く、ほかにもアレルギー、蕁麻疹、口内炎治療などに使われています。
そして最近美肌のためにトラネキサム酸を使用する化粧品が増えてきました。

 

トラネキサム酸が効果を発揮するのは肝斑です。肝斑というのは鎖骨、目尻の下などにできるシミのことで、左右対称になっているのが特徴です。

 

輪郭は分からずぼやけています。特に30〜40代の女性に多いシミで、ピルなどを利用している人に多く見られます。そのため、原因はホルモンなどによるものではないかと言う推測が建てられています。

 

肝斑の厄介なことは、他のシミのようにレーザー治療が効かないということです。

 

むしろレーザーを当てるとシミが濃くなってしまいます。ですから治療は難しいと言われていたのですが、トラネキサム酸が肝斑に効果があるとわかってからは、治癒率も向上しました。

 

基本的にトラネキサム酸による肝斑の治療は皮膚科で行いますが、最近は化粧品にもトラネキサム酸が、他の美白成分とともに配合されていることが多いです。その多くはビタミンC誘導体ですが、トラネキサム酸の効果の高さから、選ぶ人も増えています。

 

肝斑はホルモンによるものが大きいですが、紫外線を受けた肌がメラニン色素を作り出すことで、より色合いが濃くなりますから、普段からの紫外線対策はしっかり行うようにしましょう。

 

・トラネキサム酸に副作用はないの?

 

トラネキサム酸は基本的に副作用がありません。ただし、本来止血目的に使用されていましたので、血栓症など、血液が詰まりやすい人は使用を考えるべきです。

 

この血栓症は遺伝する場合がありますので、身内に血栓症がいる場合、トラネキサム酸の使用を考えている人は、事前に医師に相談しましょう。

 

血栓で恐いのは梗塞です。脳梗塞や心筋梗塞という病名を一度は聞いたことがあるでしょう。

 

今は医療が発達したため、発症後の生存率は上がってきていますが、それでも突然死のようにいきなり倒れてそのまま亡くなってしまうこともある恐ろしい病気です。

 

血栓ができやすいと言うことは、この梗塞の症状が起こりやすいということです。
命の危険性を顧みずに使用するのは、寿命を縮めることと同じです。

 

トラネキサム酸配合の化粧品は今、たくさん販売されています。

 

もちろん日本の厚生労働省が認可している美白成分です。しかし、血栓症のリスクを背負っている場合は、必ず医師に相談してから購入するようにしましょう。