シクロアミノ酸誘導体の効果と副作用

・シクロアミノ酸誘導体とは

 

シクロアミノ酸誘導体はt-AMCHAとも呼ばれ、大手化粧品ブランドの資生堂が研究、開発した美白成分です。2002年には厚生労働省から医薬部外品として、美白効果があると認可を受けており、安全性にも問題がありません。

 

シクロアミノ酸誘導体の原料は大豆、卵黄であり、動植物が生きていく上で欠かせないリン脂質の一つです。特徴として、親水性と親油性の性質を持っており、天然から採取できる界面活性剤として知られています。

 

・シクロアミノ酸誘導体の効果

 

そんなシクロアミノ酸誘導体には美白効果があります。美白効果にはシミを解消する、シミをできづらくすると言う2つの効果がありますが、シクロアミノ酸誘導体が作用するのはメラノサイトにメラニン生成の命令を出すプロスタグランジンの働きを抑えることです。

 

その結果、シミができづらい肌へと変わっていきます。

 

さらに肌荒れを予防する効果も報告されています。肌の上では紫外線、汚染された大気など、様々な外部刺激を受け、プラスミンと呼ばれるタンパク質分解酵素が活発になります。

 

すると表皮細胞に悪影響を及ぼし、肌が荒れてしまうのです。
シクロアミノ酸誘導体はプラスミンの活性化を抑え、肌が荒れるのを予防してくれます。

 

・シクロアミノ酸誘導体の副作用

 

ではシクロアミノ酸誘導体には副作用はないのか、とういことですが、天然由来成分になりますので、基本的に副作用の心配はありません。

 

注意したいのは内服する場合です。シクロアミノ酸誘導体は止血作用があるため、血液が溶けづらいという副作用をおよぼすことがあります。

 

つまり、血栓ができやすく、詰まりやすくなるのです。血栓が詰まってしまうと、梗塞を起こす原因となりますので、血栓ができやすい方などは医師に相談してから服用するようにしましょう。

 

また大豆や卵黄からできていますので、あまり報告はありませんが、アレルギーのある方も医師に相談してから使用することが最適です。大豆も卵黄も、5大アレルゲンに指定されている物質ですので、アレルギーのある方は注意しましょう。

 

それ以外の方であれば、特に副作用もなく、安全に使用できる美白成分です。

 

シクロアミノ酸誘導体は医薬部外品として、皮膚科で処方してもらうこともできます。
天然界面活性剤ですから、界面活性剤による肌荒れの心配を持つ方でも安心です。

 

シクロアミノ酸誘導体はt-シクロアミノ酸誘導体という名称で配合されており、資生堂からはt-AMCHAという名称で配合されています。表示を確認する際は注意しましょう。