シミのレーザー治療と外用薬、どっちがおすすめ?

年齢とともに増えてくるシミは多くの女性を悩ませています。若い頃から美白を意識して紫外線対策を取っていても、100%紫外線をブロックするのは不可能です。

 

でもシミができてもそれを治療する事は可能です。

 

・シミの種類

 

シミの治療をする場合は、皮膚科に行きます。美容クリニックという選択肢もありますが、いずれにせよ医療行為になるので医師がいる病院を選びます。

 

シミにも種類があるのをご存知でしたか?
一言でシミと言っていますが、種類が違えば原因も違うので治療方法も変わってきます。

 

例えば中高年に差し掛かると目立ち始める肝斑というシミは、目の下から頬骨のあたりにかけて左右対称にできるぼんやりとしたシミがあります。

 

これは女性ホルモンが関係していますので、閉経を迎えると徐々に消えていきますが、通常の美白化粧品では対処できないので治療をするのが一番です。

 

肝斑の次は、老人性色素斑というシミが出来やすくなります。

 

これは若い頃から蓄積された紫外線の影響なので、紫外線を多く浴びていた人ほど年を取ってから老人性色素斑が出やすくなります。毎日のように日焼けをしている人は、20代でも発症すると言われています。

 

一般的なシミと比べてひとつのシミが大きく、時間の経過とともに厚みが出てきます。
他には、ニキビを潰したり化粧品かぶれなど肌の炎症からくるシミ、ソバカスなどがあります。

 

・シミのレーザー治療と外用薬、どっちがおすすめ?

 

一般的にはシミの治療は医療用レーザーが最適だと言われていますが、シミの種類によっては外用薬の方が効く場合もあります。

 

今のところハイドロキノンとトレチノインの併用が一番効果的です。

 

肝斑には外用薬の効き目が弱いと言われていますが、これも個人差があるので一概には言えません。肝斑にはトラネキサム酸の内服薬が効果的です。

 

一般的な色素沈着やシミは紫外線やストレスも原因になりますが、外用薬でも高い効果が期待できます。

 

一般的なシミの場合は肌質やシミの状態、シミが出来からの期間などにより、外用薬の方が合っている場合もありますし、レーザー治療の方が合っている場合もあります。

 

多少の希望はあると思いますがここは皮膚科に行って、肌質やシミの状態を見ながら最適な治療方法を相談するのが一番でしょう。