クリニック治療と、自宅で塗る治療の違いとは?

シミが気になり始めたら、皆さんはどんな方法でシミに対処しますか?

 

美白化粧品を使う、日焼け止めを徹底する、ビタミンCを意識して摂り入れる、エステに行く、など思い浮かぶ方法もたくさんありますね。

 

この選択肢の中には、クリニックで治療をするというものもあります。

 

・クリニック治療と、自宅で塗る治療の違いとは

 

クリニックの場合は、ハイドロキノンやトレチノインといった、シミ治療には高い効果を発揮するクリームや軟膏を使います。今は規制緩和の影響もあって、一般向けに市販されているクシミに効くリームなどもありますね。

 

ドラッグストアでも気軽に購入できますし、使用を続けていくと確かにシミが薄くなったと感じることもあります。しかし完全にシミを消すことはできません。

 

人によってはかえってシミが濃くなるという場合もあります。

 

成分も一応シミに効くと言われている、ハイドロキノンやトレチノイン配合と書いてあるのになぜクリニック治療とは効果がちがってくるのでしょうか?

 

答えは有効成分の濃度にあります。

 

ハイドロキノンもトレチノインも化粧品に配合して一般に販売できるようになっていますが、高濃度のものは医薬品扱いになるので医師の処方箋が必要です。成分の違いもありますが、濃度が薄いと十分な効果を発揮できないので完全にシミを消すことはできません。

 

・クリニック治療の注意点

 

結果を求めるならクリニック治療の方が効果は高いと思います。

 

自宅で塗る治療の場合できたばかりのシミには効果があっても、できてから時間が経過しているシミや、濃いシミにはあまり効果がありません。

 

こういう頑固なシミも、クリニック治療なら医薬品を使って治療するので高い効果が期待できるのです。クリニック治療の場合は治療に入る前に、医師がカウンセリングと肌質やシミの状態をチェクします。

 

極端に肌が弱い人は治療に向かないと判断される事もあります。

 

ハイドロキノンやトレチノインには若干刺激があるので、人によっては肌に合わず皮膚炎を起こす事もあります。肌が丈夫な人でも使い始めはヒリヒリしたり、肌が赤くなったりしますが次第に慣れていくので、特に問題ありません。

 

ただし長期間の使用は肌への負担が大きくなるので、ある程度治療したら一定期間肌を休ませるダウンタイムも必要になります。この治療サイクルや治療薬の濃度は、全て医師が決めてくれます。早く効果を出したいからと大量に使って、肌への負担が大きくなるだけなので医師の指示はきちんと守ってください。