トレチノイン(レチノイン酸)の効果と副作用

・シミへの大きな効果

 

トレチノイン(レチノイン酸)はニキビ治療のために使われていた成分です。

 

アメリカでは、このレチノイン酸がシミ、シワに効果があるということで、治療薬として承認され、使われるようになりました。レチノイン酸はビタミンA誘導体です。

 

レチノイン酸の役割は、コラーゲンを生成する能力のサポートになります。
そのため、コラーゲンによってよみがえる肌のハリ、ニキビ、シミに効果を発揮します。

 

レチノイン酸は日本ではあまり入手できません。
化粧品より、皮膚科などで医師の処方を受けて使用することになります。

 

レチノイン酸の効果は、色素沈着ですから、シミ以外にも、ニキビ跡、アザ、黒住などに効果的です。レーザー治療によるシミ治療を受けたことがある方もいるでしょうが、レーザー以上に効果があります。治療の過程としてはピーリングに似ており、レチノイン酸を皮膚に塗布、角質を除去し、肌を新しく生まれ変わらせます。

 

・副作用はないのか

 

日本よりもアメリカでの認知度が高いレチノイン酸ですが、皮膚科の中にはレチノイン酸を用いた治療を行っているところもあります。

 

レチノイン酸はコラーゲンの生成に力を貸してくれますから、美肌効果がありますし、非常に効果も高いのですが、奇形性という副作用は裂けて通ることができません。

 

レチノイン酸を使った誰にでも起こる症状ではありませんが、レチノイン酸を使うことで、もしあなたが妊娠中の場合は胎児の奇形が懸念されます。

 

またピーリングと同じようなものですから、レチノイン酸を塗布すると赤くなる、ヒリヒリすると言うこともあります。本来であれば一定期間が過ぎれば肌は元通りになるのですが、赤みが引かないという人もいます。

 

・ハイドロキノンとの併用

 

レチノイン酸はよくハイドロキノンと併用されます。ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほど強力な美白効果を持っています。ところが、ハイドロキノンだけを肌に与えても効果はありません。

 

トレチノイン酸と一緒に使わなければ意味がないのです。

 

シミをピンポイントでトレチノインを塗布し、覆うようにハイドロキノンを塗ります。この方法が、シミやニキビ跡に非常に有効なのです。

 

シミは肌トラブルの中でも非常に厄介なものです。一度シミができてしまうと中々消えませんし、一生残ることもあります。特にストレスの多い現代では、シミはできやすいものです。外部刺激に負けないためにも、シミの治療にはトレチノインが効果的なのです。