ルシノールの効果と副作用

・ルシノールの効果

 

ルシノールとは、有名化粧品ブランドのPOLA(ポーラ)によって開発された美白成分です。
ルシノールの役割は、メラニンが作られるのを抑えることです。

 

ですからこれからできるシミに対して、非常に高い効果を発揮します。

 

ルシノールはシベリアもみの木から抽出された成分で、人の肌に無害で、効果があるように改良されました。メラニンを黒くしてしまうチロシナーゼを阻害し、このチロシナーゼは、メラニンを作り出すチロシンとの合成が知られています。

 

しかもその合成は非常に早く、メラニンが黒くなるのもあっという間です。

 

アルブチン、コウジ酸といった、他の成分にもメラニンを黒くするのを防ぐ力がありますが、肌により浸透しやすいのはルシノールです。そのため効果も大変早く実感することができます。

 

・ルシノールの副作用

 

ルシノールは植物由来成分ですから、副作用は基本的にありません。

 

さらに刺激が弱いので、肌が赤くなる、腫れる、かゆくなるといった心配がほとんどありません。ルシノールに似た成分に、ハイドロキノンがありますが、ハイドロキノンは漂白作用が強く、人によっては白斑の副作用を起こすことがあります。

 

さらに敏感肌の人には使用できませんし、濃度が制限されています。

 

また皮膚科医の指導の下、使用したほうがより安全です。その点、ルシノールは非常に安定しており、副作用もありませんので、安全性は高く、利用しやすい成分と言えるでしょう。

 

ただし、ルシノールの効果があるのは、これからできるだろうシミのみです。

 

今あるシミに対しては効果がありませんので、化粧品を選ぶときは、今あるシミにも効果を発揮する成分を配合しているかどうかチェックしましょう。シミを解消してくれる成分の中で、天然由来成分から抽出されている成分はたくさんあります。肌に優しい、副作用のない成分を選びましょう。

 

・ルシノールと似た成分

 

ルシノールの分子構造を見てみると、肌の漂白剤と言われているハイドロキノンがあります。
ハイドロキノンは皮膚科でも使用されている美白成分で、化粧品に使われる美白成分の中で効果は最も高いと言われています。

 

ハイドロキノンはルシノール同様、チロシナーゼを阻害し、シミの予防効果があります。ルシノールはシミ予防に効果がありますが、今あるシミに対して高い効果は報告されていません。そのため、紫外線を浴びてしまったなど、シミができる環境にあるときは、早めにルシノールで対応することが大切です。