リノール酸の効果と副作用

・リノール酸の美白効果

 

リノール酸はメラノサイトへの作用により、メラニンを作らせない効果を持っています。

 

さらに、メラニン色素を体外へ追い出すと言う効果もありますから、今あるシミにも、今後できるだろうシミにも効果があるのです。

 

そのため、リノール酸はスーパー美白成分という異名をとっています。
さらにリノール酸は天然由来の美白成分ですから、安全性が非常に高いです。

 

メラニン色素を体外に排出することで、新陳代謝を活性化し、デトックス効果、ダイエット効果もあるといわれています。

 

肌に塗布する場合は、美白だけではなく、美肌効果も期待することができます。

 

もしもリノール酸配合の化粧品を購入しようと考えているのなら、ビタミンC、ビタミンEが配合されているものを選ぶといいでしょう。

 

相互作用によって、肌の健康を守り、代謝をより一層高めてくれます。
配合されていない場合は、サプリメントや他の化粧品でおぎないましょう。

 

リノール酸自体、非常に美白効果の高いものですが、ビタミンC、ビタミンEを同時に摂取することで、美白効果はより高いものとなるのです。

 

・リノール酸とは

 

そもそもリノール酸は月見草、三フラワーなどから抽出される脂肪酸の一つです。
保湿成分で有名なセラミドも含んでおり、その美白、美肌効果は絶大です。

 

厚生労働省から医薬部外品としての認可を受けており、高い安全性が注目されています。リノール酸を摂ることで、皮膚の水分蒸発を防ぐ、細胞の中に水分を十分閉じ込めることができます。

 

リノール酸そのものでは角質層を通り過ぎてしまうほど浸透率が高すぎるのですが、メラニン色素に働くよう集中効果を作り出したリノール酸sという成分も、今非常に注目を集め、様々な化粧品に使われています。

 

元々は必須アミノ酸ですから、私たちの体にもあるものです。
健康効果が高く、肌に塗布しても、服用しても問題ありません。

 

シミ以外ではニキビへの抗炎症作用、保湿作用が確認されており、特に乾燥肌の人の大人ニキビやニキビ跡にも効果が絶大です。

 

・リノール酸に副作用はあるのか

 

気になる副作用ですが、リノール酸は植物由来成分ですから、副作用はほとんどありません。
ただし、主成分は油ですので、アレルギー反応を起こすことがあります。

 

アレルギー反応を起こすといっても、油に対するアレルギーを持っている人であり、油に対してアレルギーを持っていない人には特に問題ありません。

 

気になる反応としては、腫れ、赤み、かゆみ程度の軽いものです。