シミに種類があるの知ってた?シミの具体的な種類

シミと一言でいっていますが、実はシミにもいくつかの種類があります。

 

種類が違えばシミができる原因も違いますので、治療法や対処法も変わってきます。シミをなんとかしたいと思った場合は、シミの種類を知り正しい対処法を行わないと効果も期待できません。

 

・シミの種類

 

シミは種類によって対処法が違いますので、自分のシミの種類を知っておく事が大切です。

 

多少個人差もありますが、シミが気になり始めるのは30代になってからという人が多いと思います。夏の間日焼けをしてソバカスができても、秋になると消えていたのにいつの間にか秋になってもソバカスが消えなくなっていると感じるのも、ちょうど30代に差し掛かった頃です。

 

実はソバカスもシミの一種で、子供の頃からあるシミという事になります。

 

夏の間日焼けをしてソバカスができても、時間が経過すると消えていくのは新陳代謝が活発でしっかりと肌のターンオーバーができているからです。ところが年齢とともに基礎代謝が低下していくので、ターンオーバーのサイクルも遅れがちになり、本来排出されるはずのメラニン色素が排出できなくなり、シミやソバカスとして残ってしまうのです。

 

これとは少し違いますが、ニキビを無理に潰したり、肌に合わない化粧品を使い肌が炎症を起こしたときにできるのが、炎症後色素沈着というシミです。

 

これは年齢に関係なく、肌に強い刺激を与えたときにその部分だけメラニン色素が肌を守ろうと過剰に生成されるために起こります。対称性真皮メラノサイトーシスは、左右対称で目尻のあたりにできるソバカスのようなシミです。

 

・年齢を重ねるとできるシミ

 

肝斑は中年と呼ばれる時期になると目立ち始めるシミです。
個人差もありますが30代から40代の人はほとんどこの肝斑があります。

 

原因は女性ホルモンだとも言われていますが、女性ホルモンの分泌が低下する閉経まで続きます。肝斑は左右対称に、目の下から頬骨の広い範囲に現れます。

 

最初はシミというよりもくすみやクマと間違えやすいのですが、そのうちはっきりとシミとなって浮き上がってきます。人によってはコメカミやオデコまで広範囲に左右対称の肝斑が出る事もあります。紫外線も肝斑ができる原因の一つですが、ストレスでもホルモンバランスが崩れるのでこれも肝斑の原因だと言われています。

 

肝斑の場合は化粧品など外側からのケアでは効果がありません。
飲み薬やサプリメントで体の中からケアをしていきます。