紫外線対策を怠ると、シミ増殖の原因に?

・シミの仕組み

 

シミができるのは紫外線が原因です。
肌が紫外線を浴びると、防御反応としてメラニン色素が生成されます。

 

そこにチロシナーゼという酵素が反応することで、メラニン色素は黒くなります。
すると日焼けとなり、肌は一気に黒くなります。

 

徐々に黒くなるわけではなく、時間をかけずに黒くなりますから、山や海から帰ったら日に焼けて真っ黒になっていたと言う経験がある人も少なくないでしょう。

 

たいてい日に焼けた肌は、時間とともに元に戻っていきます。
これは肌が新陳代謝によって生まれ変わるためです。

 

ところが紫外線はこの新陳代謝を狂わせる働きがあります。ほかにもストレスや様々な要因が新陳代謝の低下につながるのですが、紫外線は外部刺激の中でも最も大きく、一番肌に受けやすい影響です。

 

新陳代謝がうまくいかず、古い角質が肌に残ったままになると、黒くなったメラニン色素は沈着し、シミとなって肌に残ります。一度シミができてしまうと、中々解消できないと言うのは、メラニンが色素沈着を起こしているせいなのです。

 

・ターンオーバーがカギ

 

紫外線によってできてしまったシミを解消するにはターンオーバーがポイントになります。
肌は28日くらいを境に生まれ変わります。

 

すると古い角質とともにシミも徐々に薄くなっていくのです。
ところがターンオーバーがうまくいかないと、シミは定着したままになってしまいます。

 

シミを解消するためには、ターンオーバーを正常にしてくれる化粧品を活用するなど、生活習慣の改善とともに考えていく必要があります。

 

シミはほうっておくと増えていきます。それは紫外線を毎日浴びるためです。

 

ではしみを増やさないためにはどうすればいいのかというと、根本的な問題は紫外線対策をしっかり行っているかどうかです。紫外線対策は、日焼け止めやUVカット化粧品などを活用し、紫外線による肌ダメージを防ぐことで行うことができます。

 

また抗酸化作用のあるビタミンEなどの栄養素を取り入れるのもいいでしょう。
化粧品であれば、ビタミンC誘導体など、シミを作らせない美肌成分がたくさんあります。

 

紫外線によるダメージを防ぎ、さらにシミを作らせない美容成分を併用することで、シミの増殖を抑えることができるのです。

 

紫外線対策の怠慢はシミの増殖につながります。
シミは、今は見えなくても、肌の奥に眠っているものがたくさんあります。

 

年月が経てば、今眠っているシミも徐々に姿を現し始めるのです。
シミはできてからでは対処が難しくなりますから、普段からの紫外線対策が重要になるのです。