活性酵素への具体的な対策方法とは?

・活性酵素と活性酸素の違い

 

活性酸素と言う言葉を聞いたことはあっても、活性酵素という言葉を聞いたことがある人は少ないかもしれません。活性酸素と言うのは体のサビ、老化の元です。

 

活性酸素はストレスや紫外線などの外部刺激から体を守るために発生します。

 

酸素があるということは、体はさび付き、筋肉の動き、内臓の働き、機能などが低下してしまいます。残念ながら生きている限り活性酸素とは生涯付き合っていかなければなりません。

 

一方の活性酵素は、体にとっていい結果をもたらします。
酵素は人の体に元々備わっており、代表的なものとして消化酵素があります。

 

酵素がなければ人は生きることができませんが、現代人は常に酵素不足といわれています。
酵素が不足すると消化不良から便秘になりやすく、肌にも悪影響を与えます。

 

肌はくすみ、シミやシワなどのトラブルを引き起こしやすくなるのです。
活性酵素はこうした酵素不足から体を守るためにも必要なものです。

 

酵素が活性酵素になるためには、温度、phなど、条件を満たさなければなりません。
酵素はそれまで体の中で眠っていますから、起こしてあげる必要があるのです。

 

・そもそも酵素とは何か

 

ミトコンドリアを用いたある実験では、ミトコンドリアに含まれる酵素には活性酸素を押える作用があるそうです。ところが、体に酸化ストレスが加わってしまうと、酵素が活性酸素を除去しきれずに、活性酸素が体中に回ってしまうそうです。

 

この酸化ストレスとは、紫外線や運動、喫煙、放射線などになります。
活性酵素の量が十分なら、活性酸素を抑え、健康的な生活を送ることができます。

 

酵素は人の生命維持のために必要不可欠です。

 

栄養学上、消化吸収を助けるために酵素は必要ですし、酵素が活性化することで、栄養は吸収されていきます。この酵素がまったくない、活性化していない状態では、健康も生命活動も維持が難しくなるのです。

 

最近、ビタミンやミネラルのサプリメントが出回っていますが、酵素がなければこれらの栄養素も働くことはできません。ですからシミをやっつけるためにビタミンCサプリメントを飲んでいます、というかたは、酵素のこともある程度は考えていただきたいものです。

 

世の中、酵素は3000種類以上あるといわれています。
ですが1つ1つ働きは決まっており、その働き以外のところで役に立つことはありません。

 

たとえばアミラーゼと言う酵素はデンプンの分解しかできません。
プロテアーゼはデンプンの分解しかできないのです。

 

・上手に酵素を取り入れよう

 

酵素をどのように活性化すればいいのかと思う方もいるでしょうが、今は、酵素ドリンクが出回っています。こうしたサプリメント類を摂取するのも効果的ですが、それ以前に、紫外線対策をし、活性酸素を増やさない努力をしてみましょう。

 

そうすることで、シミ対策につながっていくのです。