美白効果のある、ハイドロキノンとは?

誰だって年齢を重ねるにつれて肌の悩みは増えていきます。

 

肌質やスキンケアの方法などは個人差もありますが、100%紫外線を避ける方法がない以上どうしてもシミという問題がつきまといます。

 

・ハイドロキノンとは?

 

シミに対して効果があるのは美白作用のある成分です。身近で手頃なところで言うとビタミンCですが、それよりももっと効果が高いのがハイドロキノンです。

 

ハイドロキノンは、シミの原因のメラニンを生成する物質の働きを抑制する作用があります。シミの原因となるチロシナーゼの働きを抑える事が出来るので、高い美白効果が期待できます。

 

通常の美白化粧品というのは、今あるシミにはあまりこうかはありません。

 

どちらかというとこれからできるシミ予備軍に作用するので、美白化粧品を使っているのにシミが薄くならない場合は、ハイドロキノンを配合したクリームを使うのがオススメです。

 

ハイドロキノンというのは元々写真の現像に使用されていました。

 

写真を現像する人の手がとても白いことに注目し、ハイドロキノンに美白作用がある事がわかったそうです。効果が高い分濃度を間違えると肌に刺激を与える事もあるため、今までは皮膚科でシミを治療する時に医師が処方薬として処方していました。

 

規制があったためハイドロキノンを入手するには、皮膚科に行く必要がありましたが、現在は規制が緩和されているので化粧品にも配合できるようになっています。入手しやすくなっていますが、濃度によっては刺激が強いので自分の肌に合った濃度を見極めることも大切です。

 

・ハイドロキノンの効果

 

ビタミンCやビタミンC誘導体も美白効果が期待できますが、今あるシミにはあまり効果がありません。ハイドロキノンは今あるシミはもちろん、これからできる可能性のあるシミを予防する効果も期待できます。

 

シミの多くはメラニン色素が原因ですが、色素が沈着した状態です。

 

こうなってしまうとビタミンCでは対処できませんが、ハイドロキノンなら色素沈着しているシミを徐々に薄くすることができます。年齢とともに目立ち始める肝斑やソバカス、ニキビを潰してしまい残るニキビ跡、老人性色素斑など幅広いシミに効果が期待できるのも、ハイドロキノンのメリットです。

 

一般的には5%以内の濃度で使用されていますが、濃度が濃いほど効果が高くなる分刺激も強くなります。高濃度の場合は医師の指示のもと使う事になるので、素人判断で使うのはお勧めできません。