皮膚科のハイドロキノン治療とは?

ハイドロキノンは高い美白効果が期待できます。以前は皮膚科での処方薬としてしか使用が認められていませんでしたが、今は規制が緩和され一般にも入手できるようになっています。

 

ただし濃度により効果は大きく変わってきます。

 

濃度が濃いほど効果も期待できますが、肌への刺激や負担も大きくなるため医師の指示に従い使用する事が大切です。一般的な美白化粧品では対処できない、今あるシミにも効果が期待できるので治療という考え方をするのも一理あります。

 

・皮膚科のハイドロキノン治療とは?

 

皮膚科でハイドロキノン治療をする場合は、シミ以外にもやけど跡やニキビ跡、黒ずみや色素沈着にも高い効果が期待できます。

 

ハイドロキノンにはシミの元になる、メラニンの生成を抑える作用があります。

 

規制が緩和されて一般にも販売されるようになりましたが、一般向けのものは4%以下の濃度になります。ハイドロキノンには大量に長期間使用し続けると、白斑などの副作用が出ると言われています。

 

しかし副作用が出るのは5%以上の高濃度のものなので、これを考えて一般向けには最高でも4%となっています。しかし皮膚科で治療を目的として使われるのは、5%から10%といったかなり高濃度のハイドロキノンです。

 

これは肌質やシミ、跡の状態によってベストな濃度は個人差も大きくなります。
皮膚科医が個人に合った濃度を見極めるので、ここは安心できますね。

 

・ハイドロキノン治療での注意点

 

ハイドロキノンでシミや跡を治療していく場合は、紫外線対策にはかなり注意が必要になります。せっかく効果が出始めても、紫外線を浴びてしまうとシミは元に戻ってしまいます。

 

高い美白効果が期待出来る事から、肌の漂白剤との別名もあります。

 

漂白剤を使用する事はありませんが、それだけ高い効果は肌の弱い人には強い刺激となる事もあります。皮膚科で治療をする場合は、その人の肌質などもチェックしていきますが、肌が弱い人は強い炎症や水ぶくれを起こす事もあるといいます。

 

こうなった場合はハイドロキノンの治療は続けられませんので中止します。

 

皮膚科でハイドロキノンを処方してもらう時に使用上の注意があると思いますが、ハイドロキノンは酸化しやすいので長期保存ができません。また熱にも弱く保存状態が悪いと成分が損なわれますので、冷蔵庫に入れておくと安心です。

 

最初は白いクリームですが、酸化すると黄色くなるので変色したものは使用しないようにします。使い切れずに容器に残っていても、時間が経過したものは処分しましょう。