ハイドロキノンの使用上の注意点

今あるシミをなんとかしたい、これからできるシミ予備軍もなんとかしたいと思っているなら、ハイドロキノン配合の化粧品やクリームがおすすめです。

 

・ハイドロキノンの使用上の注意点

 

ハイドロキノンは元々天然由来の成分ですが、今のように美白やシミ対策に使用される前は写真の現像用に使われていました。写真と美白は一見結びつかないように思えますが、写真を現像する人の手が白くなったことから美白効果があることがわかります。

 

シミができる原因はメラニン色素です。

 

紫外線を浴び、肌にストレスになるような刺激を与えたとき、肌はメラニン色素を生成して外部刺激から守ろうとします。しまし過剰に生成されたメラニン色素は、ターンオーバーでは排出しきれなくなるため残った分が色素沈着してしまいます。

 

これがシミとなります。

 

ハイドロキノンには、シミの元になるメラニン色素の生成を抑える働きがあります。
美白に関しては高い効果が期待できます。

 

ただしハイドロキノンには濃度があり、肌質やシミなどの状態によってその人に合った濃度を見極めることが大切です。もちろん濃度が濃いほど美白効果も高まりますが、その分刺激も強くなり肌に負担をかけてしまいます。

 

早く効果を出したいからと高濃度のハイドロキノンを使ってしまうと、刺激もありますし使用した部分が白斑となりそこだけ色が抜け落ちたようになってしまう事もあります。

 

・ハイドロキノンの選び方

 

以前は皮膚科などで処方薬として処方されていましたが、2001年から規制緩和されているので、市販の化粧品にも配合可能になっています。副作用が出るのは高濃度のハイドロキノンですが、一般に市販されている化粧品に含まれるのは低濃度なので副作用の心配はありません。

 

色素沈着したシミにも効果はありますが、ハイドロキノンを使用した肌はとてもデリケートな状態です。使用後は特に紫外線に敏感になっているので、UVカットのクリームや日焼け止めは欠かせません。

 

また長期間の使用も肌には負担となり、いつもは何でもない微量の紫外線を浴びただけでもシミが悪化する可能性もあるので使用上の注意はしっかりと守りましょう。

 

市販の化粧品ならそれほど問題ありませんが、高濃度クリームを使う場合は医師に相談し自分の肌に合った濃度を処方してもらうのが安全です。

 

初めてハイドロキノンを使う場合は刺激を感じることもありますので、化粧品でも処方薬でも事前にパッチテストをしておくと安心です。