オイリー肌のシミ対策・美白スキンケア方法

・オイリー肌はなぜ起こるのか

 

脂性の原因は皮脂の分泌量が多いことが原因です。体質のほかにも、乾燥、ストレス、スキンケアの誤りにより、皮脂が過剰に分泌されることがあります。

 

たとえば以前、油とり紙が流行りましたが、油とり紙でこまめに皮脂を吸い取ることも、オイリー肌の原因になります。さらにクレンジングする際、肌をこすってしまうと、皮脂を余計に落としてしまいますから、肌は皮脂を守らなければならないと言う命令を下し、皮脂をより多く分泌させるのです。

 

オイリー肌の場合、大切なことは皮脂を過剰に取らないこと、洗顔後は保湿成分配合の化粧水や美容液を使うことです。間違えやすいのは油脂の多い乾燥肌です。

 

乾燥肌は肌を守るために皮脂を分泌するのですが、分泌された皮脂によって、自分はオイリー肌だと思い込み、オイリー肌用のケアを行ってしまいます。

 

乾燥肌にオイリー肌用のケアは逆効果ですから、まず自分の肌質を見極めることが大切です。

 

・オイリー肌はこの美白化粧品を使え

 

基本的に美白化粧品は油分が多く含まれています。そのため、体質上皮脂の分泌が多いという人が使うと、美白効果ではなく、皮脂によるニキビ、テカリなどが起こってしまいます。

 

オイリー肌の人にお勧めの美白成分はビタミンCです。
ビタミンCの効能として、皮脂の分泌を抑えてくれることがあります。つまり、ビタミンCを摂ることで、皮脂の分泌を減らしながら美白ケアもできると言うことです。

 

ただしビタミンCは非常に壊れやすい成分です。またそのまま使っても肌には浸透していきません。ですからビタミンC誘導体や高濃度ビタミンCとう成分で配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすく、肌の内側に入り込むとビタミンCに変化し、美白効果を発揮してくれるのです。一つ注意したいのは、ビタミンC誘導体そのものは油溶性だということです。

 

オイリー肌の人なら、水溶性であるピュアビタミンCを使用するようにしましょう。

 

またフルーツ酸、AHA配合のピーリング作用のあるものも皮脂の分泌には効果がありますので、洗顔石鹸などで併用するといいでしょう。

 

化粧品を選ぶ際は、オイリー肌用の美白化粧品を探しましょう。美白化粧品の中には活性酸素の除去効果と、皮脂の分泌抑制作用、両方があるものも多いです。きちんと選べば、オイリー肌の人でも美白対策ができるようになりますので、実践してみてください。