乾燥肌のシミ対策・美白スキンケア方法

・乾燥肌はこの美白化粧品を使え

 

乾燥肌は肌の水分量が絶対的に足りない状態です。そのためバリア機能が低く、外部刺激に非常に弱くなっています。美白化粧品はほとんどがさっぱり系です。

 

美白を強調した成分、その成分自体、皮脂を抑制する機能がありますから、これは仕方ありません。たとえば美白効果が高いとして知られるビタミンC誘導体は、皮脂の抑制作用があります。

 

そのため、乾燥肌の状態で使用すると、肌が突っ張ったり、ガサガサになってしまいます。

 

一方、ハイドロキノン、アルブチン、プラセンタ、トラネキサム酸といった美白成分は、今あるシミにも効果を発揮する美白成分ですが、乾燥を進める心配がありません。

 

ですから乾燥肌の方の美白には、これらの成分が配合されたものを選ぶようにしましょう。

 

また保湿成分が含まれているのも絶対条件です。

 

保湿成分で有名なのは、コラーゲン、ヒアルロン酸がありますが、特にセラミドは保湿機能が高く、バリア機能をしっかり高めてくれます。さらに乾燥肌の敏感になってしまっている部分も、守ってくれますから、外部刺激に強くなります。

 

最近の美白化粧品には保湿と美白、両方カバーできるタイプが増えています。
美白成分、保湿成分両方が含まれているものを選ぶようにしましょう。

 

・シミの原因となる乾燥肌

 

乾燥肌は肌の内側の水分量が足りない状態です。うるおいがない肌は肌を硬くし、古い細胞がターンオーバーによって肌からはがれなくなってしまいます。

 

すると肌はくすみ、角質が厚くなっていくうちに隙間ができて水分がさらに蒸発するため、乾燥肌は進みます。乾燥が進むと、メラニン色素が肌に残ってしまい、ターンオーバーができずにシミができてしまいます。

 

角質が硬くなると、肌にいい成分も肌の内側に浸透していきませんから、美白化粧品の効果を実感することができなくなるのです。

 

・効果を高めよう

 

乾燥肌に効果的な美白化粧品を購入したら、その効果を高めてくれる使用方法を実践しましょう。美白効果を高めるためには、まず肌を蒸しタオルなどで温めることです。

 

毛穴が開き、肌の内側まで美白成分が届きますから、より効果的です。
洗顔すると肌はやわらかくなりますから、余計に美白成分が浸透しやすくなります。

 

それから美白化粧品を使うときは、肌にたたきつけたり、こすったりしないよう気をつけましょう。ただでさえ外部刺激に弱くなっている肌ですから、摩擦を与えると余計にひどくなってしまいます。ハンドプレスで十分になじませるように、美白化粧品を使いましょう。