ケース別の美白スキンケア

・乾燥肌はこの美白化粧品を使え乾燥肌は肌の水分量が絶対的に足りない状態です。そのためバリア機能が低く、外部刺激に非常に弱くなっています。美白化粧品はほとんどがさっぱり系です。美白を強調した成分、その成分自体、皮脂を抑制する機能がありますから、これは仕方ありません。たとえば美白効果が高いとして知られる...

・敏感肌に美白化粧品は効果が少ない敏感肌の人は乾燥、肌荒れによって肌の状態がボロボロです。そのためメラニンの生成は一般的な人よりも多くなり、美白ケアをしても間に合いません。そのため、シミ、そばかす、くすみの悩みも良く見られます。敏感肌の人の美白ケアは、まず外部刺激から肌を守るために、バリア機能を高め...

・オイリー肌はなぜ起こるのか脂性の原因は皮脂の分泌量が多いことが原因です。体質のほかにも、乾燥、ストレス、スキンケアの誤りにより、皮脂が過剰に分泌されることがあります。たとえば以前、油とり紙が流行りましたが、油とり紙でこまめに皮脂を吸い取ることも、オイリー肌の原因になります。さらにクレンジングする際...

・一つの化粧品を使いきろう普通肌の人は油分と水分のバランスがいいので、健康的に見えることもあります。普通肌でありながら、美白ケアをしたいという場合、特に化粧品に制限がありませんから、自分に合うものを探していろいろと試す人がいます。これは間違いです。口コミサイトなどを見て、評価の高いものを次々と試して...

・混合肌とは混合肌は、ある部分は乾燥している、ある部分は脂性である、ある部分は普通であると、一つの肌に様々な肌質が混在している状態を言います。言ってしまえば、顔のパーツごとに肌質は多少変わります。混合肌はこの違いが大きく見られる状態で、パーツ別にケアをしなければなりません。混合肌には外的要因と内的要...