アルブチンの効果と副作用

・アルブチンのシミへの効果

 

テレビCMなどで、アルブチン配合化粧水などを耳にすることも多いでしょう。
アルブチンは美白成分の一つで、日本の厚生労働省から認可を受けています。

 

アルブチンにはαアルブチンとβアルブチンの2種類があり、化粧品にはけっこう前から使用されています。普段私たちが使っている化粧品に含まれているのは、βアルブチンになります。

 

ですがβアルブチンの場合、効果に満足感を得られないと言う人が非常に多く、アルブチン配合の化粧品ではなく、そのほかの美白成分を選ぶ人が多かったです。

 

近年になってαアルブチンが登場しました。

 

このαアルブチンはハイドロキノンとブドウ糖を結合したもので、ハイドロキノンの安定化、安全性を上昇させるものとなっています。αアルブチンはβアルブチン以上に肌に浸透しやすく、美白効果も10倍以上と言われています。

 

ただし、αアルブチン自体にシミへの即効性はありません。
時間をかけてじっくりシミに効果を発揮していきます。

 

ですから使えば使うほど、いつの間にかシミが薄くなっていたと言うことが多いのです。また今あるシミ以上に、これからできるだろうシミへの効果のほうが、αアルブチンにはあります。

 

ですから、紫外線やストレスなどで肌にダメージが与えられ、活性酸素、メラニンが生成されてしまっても、肌の防御力を上げ、肌にダメージを与える物質と戦ってくれるのです。

 

シミの種類はどうかというと、特にシミの種類は問いません。

 

紫外線、肝斑、そばかすなど、どのようなシミにも効果を発揮します。
また遺伝性のそばかす、ニキビ跡にも効果をある程度見ることができます。

 

・アルブチンの選び方

 

アルブチンは現在、ほとんどの美白化粧品に使用されています。

 

日本厚生労働省によって安全性が認められていますが、注意点がありますので、押えておきましょう。アルブチンの副作用を心配する人もいるでしょうが、まずほとんどないと思っていいです。

 

ですが、アルブチンは何からできているのかと言うと、天然あるいは合成由来の2つに分けられます。合成由来の成分は元々天然成分なのですが、改良されたものを使用しています。

 

ですから肌の漂白に強い威力を発揮しますので、時折白斑などのトラブルに見舞われます。アルブチン化粧品を選ぶときは、できるだけ天然由来成分のアルブチンを配合したものを選ぶようにしましょう。