顔のシミ取り化粧品でシミを消す!

シミができるのは、紫外線によって角質細胞に生まれるメラニンの影響です。メラニンは角質細胞の防御能力が正常な証ですから、特に体に問題があるわけではありません。

 

また肌のターンオーバーによって、はがれていくものです。ところが、ターンオーバーが正常に行われないと、メラニンは肌に滞り、シミとなってしまいます。

 

シミができてしまった場合、自分でスキンケアなどを行ってシミを消す必要があります。できてしまったら勝手に消えてくれないので厄介ですよね。

 

シミができてしまったアナタがすべき事

美白化粧品でシミを消す

シミの対策には美白化粧品を使うことが基本です。しかし美白化粧品は本当に数が多く、どれがいいのか迷ってしまうことでしょう。

 

厚生労働省認可の美白成分

シミ対策の定番ビタミンC誘導体

コケモモ由来成分のアルブチン

豚や馬の胎盤から抽出されるプラセンタ

シミを消す飲み薬で有名なトラネキサム酸

麹菌由来成分のコウジ菌

いちご由来成分のエラグ酸

もみの木由来のルシノール

植物から抽出されるリノール酸

抗炎症作用も含むカモミラET

肌荒れの防止にもなるシクロアミノ酸誘導体

 

などが美白成分としての承認を受けていますのでこれらのどれかが入っているというのが絶対条件ですね。美白化粧品を選ぶときは成分を意識して選ぶようにしましょう。

 

またクリニックでは、美白成分として有効とされる、肌の漂白剤、ハイドロキノンやトレチノインが処方されています。最もシミ取り効果が高い成分なので濃いシミの方はハイドロキノン&トレチノインです。上記で挙げた厚労省の有効成分よりも効果は高いです。

 

ただ、肌が弱い人はあまり使わない方が良いですね。

 

アンプルールやビーグレンなどハイドロキノンが入っているけど濃度が低めなシミ取り化粧品もあるので、肌があまり強くないけどシミを消したいならこれらを選ぶと良いでしょう。

 

飲み薬で顔のシミを消す

内服薬では、L-システイン、トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEなどが処方されます。

 

これらの成分は市販のシミに効く飲み薬にも配合されていますので、購入する際は、成分をよく確認し、あなたの肌に合ったものを選びましょう。

 

皮膚科や美容外科などでシミ対策のためにレーザー治療を受けたり、ピーリングを受けるのは、最終手段だと思っておくと、シミ対策への過程も見えてきます。

 

ピーリングでターンオーバーを促進

肌のターンオーバーを促進するのもシミ対策には有効です。その代表例がピーリングになります。皮膚科や美容外科などでもピーリングを受けることはできますが、使われる酸の濃度が高いため、痛みを伴うことがありますし、アフターケアが大変です。

 

最近は肌に優しくて安全性が高いピーリングジェルやピーリング石鹸などがあります。これらを使えば自宅でも気軽にピーリングすることができるので、活用してみるといいでしょう。

 

外側と内側からのケアを同時に行うのがポイント

 

この中で一番人気があるのがシミ取り化粧品でのケアですね。何よりいつも使っている化粧品と同じように簡単に使えて、継続しやすいのが特徴ですね。

 

また、飲み薬も毎日飲むだけだから、お手軽です。

 

一番シミを消すのに良い方法なのはシミ取り化粧品と飲み薬の併用です。内側からのケアと外側からのケアを同時に行う形にすると最も即効性が高く効果的です。化粧品でケアしながら薬も飲むだけだから誰でもできますよね♪

 

↓顔のシミ取り化粧品ならコレ↓

顔のシミ取り化粧品ランキング

皮膚の専門家が開発したドクターズコスメ

アンプルールはハイドロキノン2.5%配合しているので高いシミ取り効果を持った化粧品。皮膚科医が開発したドクターズコスメなので高い効果を持ちながら安全に使えるのが特徴。薬用美白美容液で全体をケアしながら、スポット美容液も使えばシミをピンポイントでケアできます。化粧品の中では最高レベルです

価格

トライアルセット:1,890円(税込)

配合成分 ハイドロキノン(2.5%)、プラセンタ、アクロマキシル、スクワラン、αリポ酸など(※ラグジュアリーホワイトクリームの成分)

敏感肌でも使える肌に優しい美白化粧品

saeru(サエル)はポーラ・オルビスグループの美白化粧品。特徴は肌への優しさで、無添加処方なので敏感肌の方でも安心して使えます。ハイドロキノンは不使用ですが、ビタミンC誘導体やアルブチンなど美白有効成分をしっかりと配合しています。セラミドやヒアルロン酸も入っているので保湿効果も高いです。

価格

トライアルセット:1,480円(税込)

配合成分 ビタミンC誘導体、アルブチン、デイリリー花発酵液、ヒアルロン酸、セラミド、エスクレシド、白様雪、グリチルリチン酸2k、コウキエキス、ムラサキシキブエキス、アルニカエキス、セイヨウノコギリソウエキスなど

コウジ酸でシミを消す美白化粧品

DERMED(デルメッド)は三省製薬が開発した美白シリーズ。製薬会社の三省製薬が13年もかけて開発したコウジ酸をベースにしています。もちろん厚労省にも認可された美白成分になっています。他ではダメだったのにコウジ酸だとびっくりするほど合っていたなんて事も結構あるようなので一度は試しておきたい化粧品です。

価格

トライアルセット:1,800円(税込)

配合成分 コウジ酸、桑黄抽出液、ビタミンC、リキリチンなど

富士フィルムのナノ技術で成分を肌の奥まで浸透

アスタリフトホワイトは富士フィルムが開発した美白専用の化粧品シリーズ。特徴はフジフィルム独自のナノ技術。成分もナノ化する事で、肌の奥の真皮層までしっかりと成分を届ける事ができます。美白成分はビタミンC誘導体&アルブチンですが、アスタキサンチンや3種のコラーゲンも入っているので成分的にみて贅沢です。

価格

トライアルセット:1,000円(税込)

配合成分 ビタミンC誘導体、アルブチン、アスタキサンチン、コラーゲン、スクワラン、グリチルリチン酸ジカリウムなど

効果にこだわったハイドロキノン配合化粧品

ビーグレンは美白と言えば定番と言っていいほど有名な商品です。ハイドロキノンを1.9%配合しているので、確かな効果を実感する事ができます。ビーグレンはQuSomeという独自技術で肌の奥までハイドロキノンを浸透させる技術を持っているのも特徴。他と比べて最大で10倍の浸透力は実験で証明されています。

価格

トライアルセット:1,944円(税込)

配合成分 ハイドロキノン(1.9%)、シムホワイト377、ピュアビタミンCなど

結局どれが一番顔のシミに効くんだ〜!!

 

 

シミ取り効果で選ぶなら

 

基本的にシミ取り効果が一番ある成分はハイドロキノンです。皮膚科でもシミ治療と言うとハイドロキノンを処方されます。それを安全に使えるレベルの濃度だけを配合しているのがアンプルールビーグレンなので、効果で選ぶのであればこのどちらを選ぶのが良い選択です。

 

アンプルールにはプラセンタも入っているので一歩リードですね。

 

病院で処方されるのが4%とか5%とかなので、上記の2種なら濃度的にはそこまで高くはないのでそんなに恐れる事はありません。普通の化粧品の様に使って大丈夫です。

 

安全性を重視して選ぶなら

 

敏感肌だから・・・すぐ肌が赤くなるんだよね・・・というハイドロキノンがちょっと怖いよぉ〜という方は、コウジ酸やビタミンC誘導体やアルブチンなどをベースにした基本的にシミのケアができるsaeru(サエル)DERMED(デルメッド)アスタリフトホワイトを選ぶのが良いでしょう。

 

成分的に比較するとヒアルロン酸やセラミドが入っているsaeru(サエル)の方が保湿力は高そうです。DERMED(デルメッド)はシミと肌のハリの両方にアプローチできるようになっているのが特徴ですね。またアスタリフトホワイトにはアスタキサンチンが入っているのがかなりポイントですね。

 

顔のシミ取り化粧品を選ぶポイント

美白化粧品はたくさん販売されていますから、どの商品を選べばいいのか、迷う人も多いでしょう。

 

ではどうやって選べばいいのかというと、まずは美白化粧品にどのような成分が使われているのかチェックしましょう。チェック項目の一つは美白成分です。ビタミンCやハイドロキノンなど、シミに効くとされている成分は1つではありません。

 

特にビタミンCは、加工もせずにそのままの状態を配合していては、肌に浸透していきませんから、必ずビタミンC誘導体や、低分子化ビタミンCなど、肌に浸透しやすいように工夫されているビタミンCが配合されているものを選びましょう。

 

・肌にあっているか確認しよう

 

もう一つ重要なのは、その美白成分が肌にあっているかどうかです。

 

残念ながら、美白成分の中には、肌には刺激が強すぎるもの、濃いシミを薄くしていくのが得意なため、薄いシミには逆効果なものがあります。特にハイドロキノンやトレチノインは、肌の漂白剤と言われているほどシミに対しての効果が高い成分ですが、非常に強い成分です。

 

敏感肌の人などでは悪影響になる場合もありますので、自分の肌質やシミの濃さによって使用する化粧品を選ぶ必要があります。

 

簡単に言うと・・・

肌が強くて濃いシミを消したい…
ハイドロキノン+トレチノイン+飲み薬

肌が弱いけど濃いシミを消したい…
通常の美白化粧品+飲み薬

肌が強くて薄いシミを消したい…
ハイドロキノンor通常の美白化粧品

肌が弱いけど薄いシミを消したい…
通常の美白化粧品

 

ほかにも、合成香料や着色料、パラベンなどが配合されていると、肌に負担をかけてしまいますので、できるだけ無添加のものを選ぶようにしましょう。

 

早くシミを消したいのであれば、飲み薬も併用した方が良いですが、のんびりとシミを消したいのなら美白化粧品だけのケアでも良いかもしれませんね。

 

美白化粧品は、誰も効果があるといっているから自分にも効果があるというわけではありません。ですから、最初から一つに決めるのではなく、お試しセットなどを使いながら、本当にあなたの肌に合う美白化粧品を探してみてください。

 

顔のシミ取り化粧品ランキングはコチラ

 

美白化粧品だけではダメ?日々のスキンケアもしっかりと!

シミ対策をしたいなら、スキンケアの基本をしっかり守りましょう。洗顔もしっかりしていないのに、美白化粧品などで美白成分を肌に与えても、その効果は半減してしまう可能性があります。

 

美白成分をしっかり肌に浸透させるためには、面倒くさがらずに毎日の洗顔もしっかりと行っていきましょう。

 

・洗顔の具体的な方法

 

洗顔は十分な泡で、こすらずに、包み込むように洗うことです。
こすってしまうと摩擦によって肌が傷ついてしまいます。

 

かつて、めがね拭きで洗顔すると汚れが落ちると言う話がありましたが、これも典型的な例で、めがね拭きでこすっても、落ちるのは肌の表面の皮膚だけで、汚れが落ちることはなく、むしろその後の洗顔が痛んでひどいことになってしまいます。

 

洗顔後は必ず化粧水で保湿しましょう。化粧水はたっぷり、十分すぎるほどつけてかまいません。洗顔で乾いた肌にしっかり水分補給をしてあげてください。その後は乳液やクリームで水分が蒸発しないよう蓋をし、気になる部分には美容液をつけるといいでしょう。

 

・保湿を忘れずに

 

美白成分を浸透させるためには保湿が重大です。
乾燥した肌はバリア機能を失い、紫外線などの外部刺激に弱くなっています。

 

紫外線はシミを作り出すメラニンを生み出しますから、紫外線に弱くなると言うことは、シミができやすくなると言うことです。乾燥を防ぐためにも保湿化粧水や美容液で、肌に十分な水分を染み込ませましょう。

 

潤った肌は内側から返すようにハリを持ちます。ハリのある肌は美しく、肌トラブルにも強いです。ですからシミ対策を行いたいなら、必ず保湿するようにしましょう。

 

・美白成分を組み合わせて

 

美白成分と聞かれて何を思い浮かべるでしょうか。実は美白成分は一つではありません。
世界中を見れば数え切れないほどの美白成分があります。

 

また日本で承認されている美白成分も、非常に数が多いのです。
美白成分の中で日本が認可しているものは10種類程度に絞られます。

 

代表的なものとしては、ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタエキス、トラネキサム酸、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、カモミラET(カツミレエキス)、マグノリグナン、メトキシサリチル酸カリウム塩、アデノシンリン酸2ナトリウムになります。

 

いずれもメラニンの生成を抑え、肌のターンオーバーを促進するなど、美白に必要不可欠なものばかりです。自然由来成分も多くありますので、化粧品の成分表示、ほかに得られる効能などを比較しながら選びましょう。

 

そして何より、スキンケアの基本を守って、美白化粧品を使っていくようにしましょう。

 

顔のシミ取り化粧品ランキングはコチラ